全てのオカルトは五次元で説明がつく!!

1: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 03:20:53

この世界が実はマトリクスで、もしも五次元に本当の世界があるのだとしたら
UFO、幽霊、超能力、予言、時間旅行、アセンション、UMA、時空のゆがみ、引き寄せの法則・・・
全ての超常現象に説明がつくのでは?

この世界が虚像であることに、徐々に気づき始めている人が増えているような気がする

3: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 03:28:23
この世は虚像ではなく3次元そのままですよ

 

4: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 03:30:59
引き寄せの法則ってなんだ?

 

5: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 03:38:35

>>4
人はイメージすれば、そのとおりの人生を送れる
ってのが引き寄せの法則

良いことも悪いことも、全ては自分が引き寄せているっていう、宇宙の絶対の掟

 

6: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 03:51:34

UFOが消えたり現れたり、ありえない速度で移動したり、幽霊がふっとこちらの世界に顔を出したり
突然変な世界に迷い込んでしまったり(パラレルワールド)、明らかに時間移動してしまったとしか説明のつかない現象がおきたり
物理法則を無視した、説明のつかない現象の報告例は山ほどある

しかしひとつ次元を落として考えてみると、なんか、あらゆる超常現象に納得がいく
例えば、もしも私たちがシムシティのようなゲームのキャラクターだったとしたら?

三次元から見ると、モニター上のキャラクターは私たち自身の分身でありゲーム中は、まさしく自分自身でもある
分身はモニターの世界の時間と法則の中で生き、生活をするが当然のことながら本来の私たち自身は、自分が本当はどちらの世界に存在するのかを知っている
だが、ゲームの中の分身は、自分の世界(モニターの中)が本当の世界だと思っている

私達は都合が悪くなったらリセットしたり、空間を越えてキャラクターを配置したり、ゲーム内の時間を操ったり・・・
二次元の時空を自由自在に動き回り、そしてどんな場所にも同時に存在できたりする
三次元の世界では簡単に行えることが、きっと二次元の世界では超常現象のように見えるはず

これと同じように、本当の私たちは五次元に存在していて、ただ三次元のキャラクターを演じているのではないだろうか?
死んだ後に五次元に戻ってみたら、向こうの時間で数分しか経っていなかったとか、あるんじゃないだろうか?
そんで、またキャラクターを変えてゲームに興じるのではないだろうか?(輪廻転生)
UFOも次元間を行き来する乗り物で、幽霊や宇宙人、あと時空のおっさんあたり、まさに五次元の住人なんじゃないだろうか?

 

9: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 05:21:08

>>6にあるように、電子ゲームの世界みたいなところにいるとすれば、理解も出来る
そうなると、リセットされるたびに、同じような自分がいくつもいて、色んな動きをしてる事になる

現時点で宇宙の外は不明だし、それを辿らなければ次の段階には進めないからな
やっぱ宇宙に進出しなくては始まらない
しかし、今の地球はどうでもいいので、時間を無駄に浪費してしまってる始末
おまけに、進出に重要な日本の頭脳をむざむざ殺してしまおうとしてる時点で終わっている
今や米軍の兵器の部品すら日本製なんだしな

今年の日本の動き次第で、この辺の謎もだいぶ進展するかもしれない

因みに、ここでいう五次元ってのは四密度の事だよな
ここの四次元は霊界とかあの辺を指してて

 

13: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 11:24:50
>>9
リサ・ランドール博士の研究が、かなり的を射ているのではないかと思う
時間と空間の謎が解き明かされる日は近いかも

 

7: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 04:18:12

超能力とかも五次元が本当の世界なら説明がつく
三次元ではまっすぐな直線でも、ひとつ上の次元ではぐにゃぐにゃ曲がっているかもしれない
私たちが紙に書かれた二次元の絵を曲げることができるようにだ
高次元から私たちの次元を曲げることは、絵を曲げるのと等しく簡単な事だろうから、こちらの次元を曲げてしまえば、スプーンも簡単に曲がるだろう
その理論を使えば、もちろんテレポーテーションも可能だ
千里眼や予知能力だって、三次元の時空間を超越できればぜんぜん難しくはない
ある程度進めたゲームをリセットして、再度トライすればよいだけのこと

複数のセーブデータがある状況なんか、まさにパラレルワールド
ちょっとしたエラーで、セーブデータ1のキャラがセーブデータ2にコピーされてしまったら
その世界ではキャラクターがドッペルになっちゃったり、神隠しになっちゃったりするのかもしれない

UMA(普通に人類が発見していない新種を除いた、オカルティックな存在のみを指す)は、五次元の生き物が低次元に迷い込んだバグなのかも

時間旅行だって簡単だ
セーブしてからしばらくやらなかったゲームの中では時間は、当然経過していない
また、ポーズなどで自由に時間をとめれば、静止した時間の中を動き回ることも可能
過去のセーブデータからやり直すことは、これこそバック・トゥ・ザ・フューチャー

量子論では観測されていない世界は存在しないというらしいが
それって、まさしくモニターに写されていない部分のマップのことではないだろうか?

 

 

8: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 04:33:53

このように次元をひとつ落としてみると、三次元で起こっている数々の不可解な出来事が説明がつく

きっと五次元は存在する
そして五次元こそが本当の世界なんだ
絶対そうだ
アセンションしたら、五次元に戻るんだ
きっとそうなんだ

ようし、寝る。

 

12: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 11:22:28

いろんなUFOコンタクティの本を読んだが、それらに共通するのは
UFOは非物質化することができるらしいということ
どちらかといえば五次元にいる姿の方が本当の姿
三次元に来る時に次元を落として(周波数を落として)物質化する

宇宙人はほとんどがこのテクノロジーを使っているので、
地球人に悟られないように五次元の地球上を動き回っているらしい

 

 

14: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 11:36:00

五次元つうのはどこか遠い世界にあるとか、宇宙の向こう側にあるとかじゃないと思う
おそらく、この世界に並行、というか染みわたる感じで広がっているというか、今まさにここにある、みたいな
たぶん周波数が違うんだろうね
たとえば、いろんな物体には固有の振動数があるわけでしょ?
この世界で認知できるものは、人間が生身の体で感じれる振動数以内のモノだけだと思うのよ

おもに視覚、聴覚、触覚がメインの感覚だとして
可視光線以外の光は感知することができないし、超音波や低周波は聞こえない
それと同じで物質も振動していて、ある一定の振動数以上のものは触れないんじゃないだろうか

ほんとは見えてるのに、感知できない領域だから脳が無視しちゃってるとか

 

15: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 11:40:16
なぜ5???ヘーゲルは5は神聖な数だから惑星の数は5個であるに違いない、と主張したそうだが。

 

17: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 11:55:04

>>15
学術的には
0次元・・・点(存在)
1次元・・・線(長さ)
2次元・・・面(幅)
3次元・・・立体(高さ)
4次元・・・時間(移動?)

なのだそうだ
だから、この世界は4次元時空だという学者もいるし、「0次元てなんだよw」って学者もいるので
4だとか5だとかにあんまり意味はないかと

要するに五次元てのは、今感知出来ている世界の一つ上の世界、という意味ですわ

 

19: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 12:01:24
>>17
時間も3次元だよ(数学じゃない)

 

21: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 12:08:28

>>19
そうなんだよな
いろんな意見があるから、UFOの話のときでも
UFO=正確には未確認飛行物体だから、異星人の乗りものとは限らない!
みたいな流れができるでしょ

なので
UFO=エイリアンクラフトみたく
五次元=いっこ上の次元のなんだかすごい世界

てな感じで、正式名称ではないけど、便宜上の仮称ってことでよろしく
ややこしくなるから

 

22: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 12:22:05
>>21
そうだね、こういうとき、何て表現するか一時的に決まっていたら良いのにね。
それでも、どうしてもわからないなら、たまには言い換えないといけないけど。
言葉を変えることで、違うことに気がついたりするんじゃね?

 

25: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 12:31:31

>>22
普通に考えれば「ネクスト・ディメンション」なんだろうけど
最近アセンションブームなのか、その世界を「五次元」と表記するものが多いしね
新しい呼称作ったら、それがなんなのか最初から説明しなきゃならんし
通念で通ればそれでいいのかとw

しかし仮にこのスレが続いたとしたら
定期的に「なんで四次元すっ飛ばしてんの?」ってレスは、ぜったい出るw

 

26: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 12:49:58

>>25
「なんで四次元すっ飛ばしてんの?」って聞いても仕方がないw
関係ないんだから。ここでは5次元の話をしている。5次元がメインテーマだ。

ただ、5次元でくくっている情報の「一部」だけ、どこかでこういうことがある。
「ほかのジャンルでは4次元とも表現することがあるね」
というぐらいは許されても良いだろう。

これは、主張でも、決めつけでもなく、一種の情報だよ。
「こういう情報もあるよ」というのが、知識の披露の奥にある、思いやりだよ。
「研究が少しでも楽になれば」と思うから、知識を語るんじゃないかな。

 

16: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 11:47:19

5次元はこの世界と平行しているような形で存在していると思う。
5次元を見るには、見る方法があって、その方法がまだわかっていないだけだと思う。

しかし、パソコンのエラーに悩まされる人が多いように、地球にもエラーがあるのだと思う。
ちょっと例外っぽい現象が、X-ファイルじゃないか?
不可視光線が見えないのに「ある」とわかるのは、機械があるからで、5次元を見るためには、
なにか方法があるんだよ。それさえわかれば5次元を少しは知ることができるんじゃないか?

 

18: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 12:00:07

>>16
同意
五次元を感知するには二通りあると思う
ひとつは、その地球のエラーによって、偶然巻き込まれた、もしくは目撃した場合
もう一つは自らの肉体や脳の働きによって、次元の扉を開けた場合
夢とか幽体離脱、チャネリング、ヒーリング、超能力がこれにあたる

つーか、世の中でX-FILE的な話ってそれこそ山ほどあるじゃん
けっこう三次元ってあっちこちエラーだらけなのかもなw

Meかと

 

23: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 12:22:51

>>16
UFOコンタクティの著書には、UFO同乗の際に地球人の波長を合わせる機械のようなものが、ちょいちょい出てくる
物質的な体のままでは乗れないみたいだ
なんか光のようなものを浴びせられるらしいんだけど、コンタクティのほとんどは、それを浴びた後体調不良を訴えてる
だんだん慣れてはくるみたいだけど、逆に長時間の利用は危険らしい

これがあれば肉体を持ったまま五次元に行ける?

 

20: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 12:04:03

妖精や妖怪の類は、実は常に見えているのだそうな
だけど、「そんなのいるわけない」という思い込みが脳からデリートしちゃってると

ドラえもんの石ころ帽子みたいなもんか

 

24: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 12:23:56

五次元の世界にも火星や金星、木星や土星があって、それぞれに人が住んでいると聞いた
三次元世界のそれらの惑星はアセンション後の姿で、今は不毛の地なんだそうな
地球は未アセンションの非五次元化惑星
地球の時限上昇が2012年12月に近づいているため、その貴重な瞬間を見ようとあらゆる異星人が地球を訪れているんだとか

ウミガメの貴重な産卵シーンみたいなもんか

 

27: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 15:04:39
そういうことかー。
だからロシアでももの凄い数のUFOが蛍みたいに出現したのね。
アセンションて次元が変わるということでいいの?
それとも、2012年頃に太陽が接近するでいいの?

 

31: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 18:01:31

>>27
太陽が接近するのかどうかはわからないけど
2012年以降の地球は、地球以外の惑星のようになると思う

惑星ごと肉体を捨てて次元上昇するってことは、ある意味「昇華」なんじゃないだろうか

 

34: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 18:35:45
>>31
私もそう感じてる。
ホピ族の本を読んだ時に
「世界の終わりに加担するものはすべからく次の世に生を受ける事はできない」
この言葉がいま漸くわかってきた。

 

28: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 15:13:00
マトリクス!確かに超弦はマトリクスで表現されるから、
この世はすべてマトリクスと言って間違いない。

 

33: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 18:27:12
>>28
超弦?
スーパーストリングスのこと?

 

35: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 18:55:24
>>33
スーパーストリングスは行列(マトリックス)で表現されるだろw

 

29: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 15:13:35

投影された宇宙 ホログラフィック・ユニヴァースへの招待
マイケル・タルボット

でLet’s 検索っ

 

32: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 18:19:32
>>29
早速Let’s注文してみた
情報ありが㌧

 

30: 本当にあった怖い名無し 2009/05/09(土) 15:29:33
おお、こんな本が!!!
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA